週刊ヤングチャンピオン7号183

朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、「あ」と幽(カス)かな叫び声をおあげになった。「髪の毛?」スウプに何か、イヤなものでも入っていたのかしら、と思った。「いいえ」お母さまは…斜陽/太宰治

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です