ヤングジャンプ 2014年38号

或日の暮方の事である。一人の下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。広い門の下にはこの男の外に誰もいない。唯、所々丹塗の剥げた、大きな円柱に、蟋蟀が一匹とまっている。羅生門が、朱雀…羅生門/芥川龍之介

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です